ハウスクリーニングを開業するなら知識を蓄えよう

売上管理を手軽に導入

タブレット

どこにでも持ち運び可能

タブレットpcといえば、2000年代に入ってから急速に普及が進んだ情報端末です。薄型で軽量であることから、持ち歩きながらの操作が簡単であるとして人気を集めています。また、アプリケーションの種類が豊富であり、さまざまな機能を追加できることも人気となっています。たとえばposシステムもその1つです。posは店舗ビジネスにおいて今や必須とされている売上管理システムですが、通常はposレジと呼ばれる据置型の情報処理端末が必要です。しかし現在では、タブレットに専用アプリをインストールするだけでposシステムを構築できる商品が普及しています。タブレットを使ったposシステムは、個人商店などの小規模店舗でよく選ばれています。理由は何と言っても、導入にかかるコストが少なくて済むという点にあります。専用のposレジに比べるとタブレットの価格は割安ですし、設置のための大がかりな工事も必要ありません。当然、店を閉めたりする必要もなく、すぐに使い始めることができます。また、特定の業種にあっては、持ち運びやすさというタブレットの特性を生かした使い方ができることでも人気を呼んでいます。たとえば美容院であれば、タブレット内に保存したヘアスタイルのカタログを見せたり、メニューを選ばせたりといった作業を客が椅子に座った状態のままで行うことができます。靴店・洋服店などでも同様の使い方ができます。会計や売上データの集計、予約管理といった業務もそのまま1台のタブレットで処理できます。